車・バイク

現役バイク屋店員が解説!女性ライダーのバイク選びのポイント!

2020年2月7日

男達には負けられない!女性ライダー増えてます!

こんにちは!現役バイク屋店員の諭吉です!

 

最近は「バイクが売れない」、「バイク人口が減っている」と良く聞きますが、

私の感覚でいうと

「売れるバイクの傾向が変わった」、「バイクを乗るユーザーが変わった」だけだと思います。

 

トップスピードを求める人は減少し、性能よりも見た目や乗りやすさを求める人が増加した印象です。バイクに乗る「目的」が変わったということだと思います。

 

そんな中、増えているのが、女性ライダーの方々。

「ばくおん!!」や「ゆるキャン△」など、バイクが出てくるアニメや、女性タレントの方や女性アナウンサーの方がバイクに乗っていたりと、今までのバイクに対するイメージが変わり、乗ってみたいという女性の方が多くなって来たと思います。

バイク屋さんとしては、非常に嬉しい限りです!

 

ただ、初めて乗るバイクを決めるのって、なかなか難しいですよね。

バイクに乗ってる人に聞いてみようと思っても、基本的に自分の好きなメーカーのバイクをおすすめされることが多いでしょう。バイク乗りは、基本そういうものです。

 

では、女性ライダーが、初めてのバイクを選ぶ際にポイントはなんでしょうか?

私がおすすめする押さえておきたいポイントは4つ!

軽い車体であること

足つきの良さは、最低限つま先が付くものであること

インジェクションモデルであること

出来れば、10年以内に販売されていた(販売されている)バイクであること

 

今回は、現役バイク屋店員が教える!女性ライダーのバイク選びのポイントを理由含めて、解説していきます。

最後まで、お付き合い頂ければ、幸いです。

全ての女性ライダーに贈る、初めてのバイク選びのおすすめポイント!

軽い車体であること

教習所でバイクの引き起こしをやられたと思いますが、どうでしたか?

めちゃくちゃ重いですよね。

普通自動二輪免許(400cc未満の免許)を取られた方は、多くの方がホンダのCB400スーパーフォアの教習車仕様に乗られたと思います。

実はあの車両は、全てのガードやランプ類を合わせた車体重量が207kgにもなります。

ゴリラ(動物)の体重が概ね200kgです。つまり、寝転がっている大人のゴリラを起こしてたと考えれば、すごいことですよね。

これでゴリラが寝てても、起こせますね。

 

今では、1000ccクラスのバイクでも200kg以下の車両もあるので、400ccの中では重い方です。

しかし、車重が軽い方がメリットが多いのも事実です。

 

車重が軽いメリットとしては、

操作や取り扱いがラク

バイクを倒してしまった時も起こしやすい

タイヤ等の消耗品が減りにくい

燃費が良い

などがあります。

 

特に初めてであれば、バイクに慣れていないことも多いので、エンジンを掛けていない時の扱いのしやすさで、軽いバイクを選ぶことをおすすめします

足つきの良さは、最低限つま先が付くものであること

多くの初心者の方が気にする足つき性。確かに両足付かないと不安ですよね。

正直、私も165cmしかないので、足がべったりと付くことの方が少ないです。

先程のCB400の教習車のシート高は750mmで、400ccネイキッドタイプの車両だとすごく低いです。

400ccバイクの中では、アメリカンモデルを除くと、ほとんどが750mm以上になります。

ただ、同じシート高だからと言って、すべて同じ足つきかと言うと、そうではありません。

シート幅、シート形状によって、足つき性は変わります。

データ上で、シート高が高いからと言って、跨りもせず、諦めるのはもったいないですね。

あとは、よくお客様で、「車高を落としたい」や「シートをアンコ抜き(シートを削る)したい」という方、結構いらっしゃいます。

ただ、どちらも結構な金額になるケースが多いのと、別のバイクを乗る時には、意味がなくなってしまうので、私がおすすめしているのは、「足を伸ばして下さい」とお伝えしています。

決してバカにしている訳ではありません。バイク用の厚底ブーツを買うことをおすすめしています。

 

バイク用の厚底ブーツのメリットは、

シンプルに足つき性が向上する

レンタルバイクなど、他のバイクを乗る時もブーツだけで対応出来る

おしゃれなものが多いので、恥ずかしくない

バイクを乗る前提で作られているので、機能的である

バイクを降りても、脚長効果を発揮

 

つまり、足つきが少し不安であれば、バイク用の厚底ブーツで乗れることもあるので、

片足でもつま先が付けば、購入候補としていいと思います。

 

おすすめのブーツはこちら

デグナー レディースシフトガード付レザーZIPエンジニアブーツ

インジェクションモデルであること

少しバイクの仕組みの話になりますが、

ざっくり言うと、バイクを走らせるために、エンジンの中に空気とガソリンを送り込んで、エンジンの中で爆発させることで、タイヤを回転させています。

その空気とガソリンを送り込む仕組みが、機械的に行う「キャブレター」か、電子制御で行う「インジェクション」か、どちらかのタイプになります。

 

キャブレタータイプのメリットは

構造が簡単で、安い

故障箇所を特定しやすい

キャブレタータイプの注意点は

長期間乗らないとエンジンが掛からなくなる

寒い日や朝一番での始動が掛かりにくい

 

インジェクションタイプのメリットは

どんな気温や気候でもエンジンが掛かりやすい(始動性が良い)

燃費が良い

故障しにくい

インジェクションタイプの注意点は

故障の場合は、キャブレタータイプより費用が掛かる

 

キャブレタータイプの車両も慣れてしまえば、なんてことないと思いますが、メンテナンスと車両を扱うのがラクな方が、初めは良いと思います。安いからという理由で、キャブレタータイプを選ぶ方もいらっしゃいますが、インジェクションタイプの方が気を遣うことも少ないので、これが乗りたいという車両が決まっていなければ、インジェクションタイプから選ぶのをおすすめします!

出来れば、10年以内に販売されていた(販売されている)バイクであること

先程説明した理由を含みますが、過去10年以内に販売しているモデルであれば、基本はインジェクションモデルになることと、純正部品の在庫数や社外パーツが多く出ていることが多いです

メンテナンスや維持を考えれば、比較的新しめのバイクを買う方がトラブルも少ないです。

純正部品は、カウルやタンクなど、通常交換しない部品からなくなっていきます。消耗品はそこまで心配ないですが、長く乗りたい場合であれば、新しい方が確実に長く乗れます。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

最後に今回の記事をまとめます。

私がおすすめしたい女性ライダーがバイクを選ぶポイントは4つ!

取り扱いしやすい車体が軽いを選ぶ

バイク用厚底ブーツもあるので、つま先だけでも付くバイクを選ぶ

始動性が良く、メンテナンスもラクなインジェクションモデルを選ぶ

部品の在庫数などを考えれば、10年以内の比較的新しい車両を選ぶ

 

バイクに乗りたいけど、迷っている方。

免許はあるけど、なにを選んだらいいかわからない方。

せっかくバイクに興味を持ったなら、乗らないともったいないです!

一度乗れてしまえば、世界は大きく変わります!

 

私は女性ライダーを応援しています!

 

次回は、具体的に、現役バイク屋店員が厳選!女性ライダーにおすすめバイク5選!をご紹介したいと思います!

 

ぜひ、皆さんの参考にして頂ければと思います!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

-車・バイク
-, , , , ,

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.