車・バイク

【ネオクラシック】
ホンダ・CB190SSはXSR155を超える?

【ネオクラシック】
ホンダ・CB190SSはXSR155を超える?

こんにちは!現役バイク屋店員の諭吉です!

 

いま海外モデルで人気の高いネオクラシック系バイク!

 

過去に

ヤマハ・XSR155は国内モデルに負けない魅力がたくさん!

【バイク】話題のネオレトロ!カワサキ・W175とは?【海外モデル】

でも紹介しましたが

 

ホンダからもネオクラ系バイクが販売されております!

中国の五羊本田で販売している「CB190SS」です!

 

XSR155に負けず劣らずCB190SSは質感が高いです!

 

そこで今回は

XSR155とCB190SSを比較して

スペックやディテールをご紹介します!

 

最後まで、お付き合い頂ければ、幸いです。

CB190SS・CB190X・XSR155のスペック比較

五羊本田のアドベンチャーモデルのCB190Xと

共通のエンジンが搭載されているCB190SS

そして、ライバル車となるXSR155の3機種を比較してみましょう

 

CB190SS CB190X XSR155
全長/全幅/全高 2,025mm/795mm/1,090mm 2,030mm/830mm/1,375mm 2,007mm/804mm/1,080 mm
シート高 N/A 790mm 810 mm
車両重量 146kg 148kg 134 kg

CB190SSに関しては、シート高が公表されていないのでわかりませんが

車両の大きさはほぼ変わらないですね

車両重量に関しては、XSR155が10kgほど軽いですが

エンジンの排気量の差もあるので

扱いづらいということもないでしょう

 

CB190SS CB190X XSR155
最高出力 11.7kW(15.9PS)/8,000r/min 11.7kW(15.9PS)/8,000r/min 14,2 KW (19.3PS) / 10,000 r/min
最大トルク 15.0 N・m/7,000 rpm 15.0 N・m/7,000 rpm 14,7 N・m / 8,500 rpm

続いて、エンジンスペックについてですが

排気量の差もありますが

XSR155の方が最高出力は勝ります

 

ただ、CB190シリーズの約16PSというのは

190ccクラスであれば普通です

 

XSR155のエンジンが良く出来ているので

MT-15やYZF-R15にも同様のエンジンが搭載されています

 

VVA(バリアブル・バルブ・アクチュエーション)機構が搭載され

低中回転域と高回転域でバルブのリフトを変化させているので

回転数に応じた出力が得られます

 

VVAの解説はこちらの動画で

少し脱線しましたが

CB190SSの公表されている最高速は110km/hとなっています

XSR155は公表されていませんが

Youtubeで最高速チャレンジしている動画がありましたが

最高速は141km/hとしていました

 

一般道ではどちらも不便しないと思いますが

高速道路ではXSR155の方が余力がありそうですね

 

XSR155の最高速チャレンジの動画はこちら

CB190SS CB190X XSR155
燃料消費率 34.5km/L 34.5km/L 43.4km/L
(某記事サイトにて)
タンク容量 15.3L 14L 10,4L
連続航続可能距離 527.85km 483km 451.4km

そして、燃費についてですが

CB190シリーズは共通のエンジンですので

同スペックとなりますがタンク容量が少し違います

 

CB190Xの14Lも多いですが

それ以上に多いCB190SSの15.3L

 

燃費も公表されていますが

あくまでカタログ値なので参考程度にして頂ければと思います

 

燃費の差はありますが

XSR155よりもタンク容量が5L近く多いので

航続距離は大きく異なります

 

ツーリングだったらCB190SSの方が向いていますね

 

ネオクラシックの魅力満載!
CB190SSのデザイン!

 

この投稿をInstagramで見る

 

陈珑(@stievenchan)がシェアした投稿 -


スペックよりもそうですが

ネオクラシックではスタイルは非常に重要なポイントです!

 

特にCB190SSの特徴はシートとマフラーです

ブラウンのダイヤ柄が施されたシートと大きめなステンレスマフラーが

目を引きますね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aroelmoto(@aroelmoto)がシェアした投稿 -

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

店長ムサシ(@tencho_musashi)がシェアした投稿 -

 

また、ウィンカーも今風な流れるLEDウィンカーを標準装備!

もちろんヘッドライトやテールライトもLEDになっています

 

メーターと一体となったUSBポートが装備されています

国内モデルではあまりない仕様ですね

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

muhammad amfrudin(@enzoamfrudin8)がシェアした投稿 -

 

スタイルはクラシックですが

中身は現代のバイクがネオクラシックの魅力!

 

ホンダの国内モデルでは

CB250Rもありますが

より安く、手軽に楽しめるので

初心者の方にもおすすめです!

 

ホンダ・CB190SSの新車中古車情報はGooBikeから

 

最後にCB190SSの魅力たっぷりのPVをどうぞ!

手軽に乗れるネオクラシックならCB190SS!

いかがでしたでしょうか?

 

国内メーカーの海外モデルの車両は多くありますが

その中でもCB190SSは魅力的な一台と言えるのではないでしょうか?

 

質感も高いものがいいけど

価格は安く抑えたいという方におすすめです!

 

ぜひ、皆さんの参考にして頂ければと思います!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

-車・バイク
-, , , , , ,

Copyright© バイクBOOMBOOMブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.